魚料理がさらに効率的にランクアップできる出刃包丁について

出刃包丁

魚料理が効率的になる出刃包丁

包丁にはたくさんの種類がありますので、料理をする方はこだわりを持って選んでいる方も多いのではないでしょうか。特に魚を調理する時に役に立つのが、出刃包丁です。普通の万能包丁でも十分だと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、出刃包丁は魚を効率良く調理するために作られていますので使い勝手が非常にいいです。
魚を切る時には力が必要になります。万能包丁の場合ですと、刃がボロボロになってしまう場合もありますので食材を切る時には適した包丁を利用することをおすすめします。切り口は料理の味にも関係してきますので、出刃包丁を持っていない方は料理を極めるためにも専用の包丁を使って調理をしてみませんか。
切れ味が良い方が使い勝手がいいですし、ストレスを軽減することができます。魚を使った料理が好きな方は、出刃包丁を購入することによって作れるメニューの幅を広げることができます。出刃包丁に使われている素材は、ステンレスや銅など様々ありますが使いやすいものを選ぶことが大切です。ステンレスは錆びにくいメリットがありますので、初心者の方にもおすすめです。包丁を使う際には、食材に合ったものを利用することによって美味しさを最大限に引き出すことができます。

念願の出刃包丁を手に入れた

料理が好きな私は、包丁に関してもこだわりがあります。高い包丁とかいうのではなく、用途によって使い分けています。小さなナイフともいえるような包丁、オールマイティに使用できる万能包丁、野菜を切るための包丁等々。様々ありますが、唯一持っていなかったのが出刃包丁でした。釣りが好きで、よく釣った魚をさばいていましたが、そこは自然が相手。小さな獲物の場合もあれば、とても大きな魚が釣れることもありました。大きすぎると、持っている包丁では歯がたたず、逆に指どころか、腕ごと切り落としそうになるくらい危ない場面を何度も体験しました。
そんな時、地元新潟県三条市で包丁を作っている会社の社長から、「祝いだ。やるよ」。転職の祝いに出刃包丁をいただきました。出刃包丁というものは重量があり、包丁の刃で切るという行為はもちろんですが、その重みでぶった切るという使い方もあります。早速、釣りはしませんでしたが、近くの市場で魚を購入体長は60cmはある、まるまるとした「いなだ」。さて、ということで、まず一刀。
その包丁の重さと切れ味で、ストンと頭を外すことができました。今まで使っていた包丁ではありえない出来事でした。太い骨であろうと何のひっかかりもなく、切れていきます。気を抜くと知らぬ間に自分の身まで切ってしまいそうな勢いでした。出刃包丁はとてもよく切れますので、扱いには十分気を付けて調理を行ってください。

出刃包丁のお手入れはどうしたら良いの?

よく切れる出刃包丁を買ったけれど、お手入れの仕方がわからないという方も多いのではないでしょうか。せっかくよく切れる出刃包丁を購入しても、お手入れがきちんとできないと切れ味はどんどん悪くなってしまいます。出刃包丁は大きく分けて、鋼製のものとステンレス製のものに分けられますが、お手入れについてはどちらのタイプの出刃包丁でも気をつけたいことは共通しています。
まず、包丁は使ったらすぐに洗うことが大切です。特に生魚を着ることが多い出刃包丁は食材を切ったまま放置すると不衛生ですし、サビつきやすくなります。洗うときは、スポンジなど柔らかいもので洗います。たわしなど固いもので洗うと歯が傷つき、錆びやすくなります。サビが浮いてしまった場合は、粉末のクレンザーを用いてスポンジでこすります。サビが取れないからといって研ぎ石で研ぐのはNGです。刃こぼれを起こしやすくなってしまいます。
洗った包丁はよく水気を拭いてからしまいます。水分が残っているとサビの原因となります。切れ味が悪くなったら研ぎ石で研ぐと切れ味が復活します。研ぐときは、包丁の角度を一定に保つことがコツです。出刃包丁をお手入れしているはずなのに、すぐに切れ味が悪くなるという場合はまな板に原因があるかもしれません。まな板は、木製のものの方が包丁の刃の当たりが優しく、切れ味が長持ちします。お手入れのコツをつかんで、出刃包丁を沢山活躍させてください。

記事一覧

最新の情報

出刃包丁で魚料理をさらにランクアップ

一人暮らしや結婚生活など、新生活を始めるにあたって包丁を買い揃えるという方も多いのではないでしょうか。私は包丁なんてどれでも同じ、大きい包丁と小さい包丁が一本ずつあれば大丈夫、と思い結婚後洋包丁とペティナイフを一本ずつ購入して使っていました。ところが、これらの包丁で魚を切ると、切り口が…

more

出刃包丁の選び方と使い方について

家庭や仕事柄魚をさばくことの多い人には出刃包丁は片刃がお勧めです。サイズは3種類あります。刃渡り13cm前後の小出刃、刃渡り15cm前後の普通サイズ、18cm前後の大出刃です。材質も色々あり、手に持って持ち重りするものはやめた方が良いです。軽すぎず重くないものがベストです。刃渡り15c…

more

あえて出刃包丁を使う理由

魚を本格的に捌くときに骨まで切ることができる包丁を手に入れれば、出刃包丁の出番となります。包丁を使うタイミングや頻度に応じて切れ味のよいものを選んでいくべきですが、最後には性能がよい日本製が残っていきます。包丁は研ぐ作業を定期的に行う必要があるため、刃の先が見事に研ぎ澄まされた出刃包丁を選んで…

more

出刃包丁の由来とは?

結婚してお料理を作るようになるまでは、包丁の種類や使い分けなど全く知りませんでした。包丁の種類はざっと数えても30種類以上あります。我が家にも出刃包丁はあり、生肉や生魚(お刺身)を切るときに使っていますが、本来出刃包丁とは、魚をおろすときに使う包丁のようです。うろこ取り、骨の処理、背開き、身を…

more