魚料理がさらに効率的にランクアップできる出刃包丁について

出刃包丁

出刃包丁の選び方と使い方について

家庭や仕事柄魚をさばくことの多い人には出刃包丁は片刃がお勧めです。サイズは3種類あります。刃渡り13cm前後の小出刃、刃渡り15cm前後の普通サイズ、18cm前後の大出刃です。材質も色々あり、手に持って持ち重りするものはやめた方が良いです。軽すぎず重くないものがベストです。
刃渡り15cm前後の普通サイズがあれば応用が利きます。包丁の厚みは薄いものは避けた方が良いです。ブリやカンパチなどを3枚におろす場合に薄い包丁では綺麗におろせません。小さい魚を頻繁に料理する人には13cm前後の小出刃が必要です。小出刃は薄い方が使いやすいです。小魚は肉も薄いので包丁も薄い方が使いやすいのです。大出刃は長すぎて重すぎて一般的ではありませんが、凍ったサケのフィレなど凍結魚を切り身にするの良く使います。家庭では必要ありませんが、店などで使用し凍った魚を切り身にする頻度が高ければ買っておけば便利です。
出刃包丁の使い方ですが、包丁の先と胴、元と3つのパターンがあります。先は3枚におろす時に力を発揮します。皮を切り中骨まで包丁の先を使って切り込んでいきます。そして最後の中骨と身を切り離す時に胴を使います。元はアラを切る場合に使用します。片刃は刃こぼれしやすいので関節を出刃包丁の元で叩くと刃こぼれせず簡単に切れます。頭は叩かず、骨の隙間に包丁の先を入れ胴に向かって切り込んでいくと簡単に割れます。

最新の情報

出刃包丁で魚料理をさらにランクアップ

一人暮らしや結婚生活など、新生活を始めるにあたって包丁を買い揃えるという方も多いのではないでしょうか。私は包丁なんてどれでも同じ、大きい包丁と小さい包丁が一本ずつあれば大丈夫、と思い結婚後洋包丁とペティナイフを一本ずつ購入して使っていました。ところが、これらの包丁で魚を切ると、切り口が…

more

出刃包丁の選び方と使い方について

家庭や仕事柄魚をさばくことの多い人には出刃包丁は片刃がお勧めです。サイズは3種類あります。刃渡り13cm前後の小出刃、刃渡り15cm前後の普通サイズ、18cm前後の大出刃です。材質も色々あり、手に持って持ち重りするものはやめた方が良いです。軽すぎず重くないものがベストです。刃渡り15c…

more

あえて出刃包丁を使う理由

魚を本格的に捌くときに骨まで切ることができる包丁を手に入れれば、出刃包丁の出番となります。包丁を使うタイミングや頻度に応じて切れ味のよいものを選んでいくべきですが、最後には性能がよい日本製が残っていきます。包丁は研ぐ作業を定期的に行う必要があるため、刃の先が見事に研ぎ澄まされた出刃包丁を選んで…

more

出刃包丁の由来とは?

結婚してお料理を作るようになるまでは、包丁の種類や使い分けなど全く知りませんでした。包丁の種類はざっと数えても30種類以上あります。我が家にも出刃包丁はあり、生肉や生魚(お刺身)を切るときに使っていますが、本来出刃包丁とは、魚をおろすときに使う包丁のようです。うろこ取り、骨の処理、背開き、身を…

more